イベント・講演会 夢実現の集い

「夢実現の集い」のススメ

投稿日:

先日(2019年11月29日)、「夢実現の集い」を開催しました。
これまで、個別の「夢実現応援の対話(コーチング・セッション)」を個人のお客様に提供したり、企業様に企業研修の一環として対話を提供してきました。

夢実現のプロセスを図示したホワイトボード

しかし、もっと多くのお客様の夢を応援したい、と思い、グループ・コーチングの場を設けようと思って開催し始めたのが「夢実現の集い」です。昨夜は8名の方にお集まりいただき、二時間という短い時間でしたが、「夢実現の集合対話(グループ・コーチング)」をさせていただきました。

この「夢実現の集い」は、お客様の状況に合わせて臨機応変に場を創っていく予定ですが、ざっくり前半はミニ・レクチャー、後半はASB(ASBは「あそび」の頭文字。いわば参加型自己探求=いわゆるワークのこと。)という構成で考えています。

昨日の「夢実現の集い」は、後半のASBの時間が短かったようで、ちょっと駆け足でした。そうは言っても、参加者皆さんそれぞれに行動すべき「最初の一歩」を見つけることが出来たようです。

「夢実現応援の対話(コーチング)」の醍醐味は、いろいろと心の中と自分を取り巻く状況や将来への希望を探求した上で、最初に踏み出すべき第一歩を見いだすところにあります。その最初の一歩の行動を見つけるから、行動できるのです。行動できるから現実を変えることが出来るのです。

主催者としては、あっという間の二時間でした。参加者の方にとってはもっと短く感じたことでしょう。短すぎたのでしょうか? いえいえ、人生の問題に取り組むには、2時間でも3時間でも5時間でも足りません。だからこそ、2時間なり3時間なり少しの時間を使って、定期的に時間をとることで対処していくのです。だから「夢実現応援の対話」はだいだい2週間に一度、対話の時間を設けているのです。

人生の全体に比べたら、どんなにがんばっても対話の時間はわずかです。そういうものなのです。「山椒は小粒でぴりりと辛い」と言いますが、うな丼は、小粒の山椒を少々振りかけるだけで全体がおいしくなります。それと同じように、人生の全時間に比して、「夢実現応援の対話」がわずかであっても、人生全体がぴりりとおいしくなるのです。

◆参加者のご感想
・ワクワク(直感)は大事と気づいた
・夢はなくてもいいけど、あるとぶれない。パワフルになれる(と知った)。
・意外に目をつむっていた夢がありました!
・夢ってなんだ!!が、具体化されたもの、五感をともなうもの、と改めて考えることができました!
・少人数でたくさん話ができて楽しかったです!
・考え方ひとつで物事が変わっていく気がします!
・チェックシートで今の自分が見えた気がします!
・(改善したい分野を)満点にするための第一歩に、何をしたらいいかが具体的になった!
・参加されている皆さんが、初めて会った感じでないです。
・夜中見る夢も昼間見る夢も「非現実的」! なるほどな~と!

いろいろと受け止めてくださったようでうれしい限りです。

というわけで、小さな変化が大きな変化を起こす「夢実現の集い」は、今後毎月開催していきます。

参加された皆さんとの記念写真

次回は、12月13日(金)に開催いたします。お申し込みは、下記URLよりお願いします。

https://resast.jp/events/395028

是非、お申し込みの上ご参加ください。お待ちしています。ご一緒にご自身の人生と、この世界を変えていきましょう。

-イベント・講演会, 夢実現の集い

Copyright© 藤由達藏オフィシャルサイト , 2019 AllRights Reserved.